平和テクノシステム東海 静岡・愛知(名古屋)を拠点に地域密着、協力会社による全国対応!!
お問合せはこちら

PHS終了、スプリアスとは?

2018年5月8日

PHSが終了…企業の構内PHSはスプリアス無線規格に注意!

PHSが終了って?会社のPHSは大丈夫?

公衆PHSサービスが終了決定した流れ

「え、PHSが終了?会社内で使ってるPHSは大丈夫?」そう思った企業担当者の方、まずはご安心ください。
今回終了したPHSは、公衆PHSサービスとなりますので、企業の業務用電話システムに組み込まれているPHSとは話が少し異なります。

それについて詳しく述べると、ソフトバンク(株)と(株)ウィルコム沖縄は先月4月19日に、個人向けの公衆PHSサービスを2020年7月末をもって終了すると発表しました。
現在国内でPHS事業をしているのは両社のみのため、1995年に開始した個人向け公衆PHSサービスがなくなることになります。
現在公衆PHSサービスを利用している方にとっては打撃ですが、多くの企業では携帯端末には4G回線をお使いだと思いますので、こちらについては特に問題ないと言えるでしょう。

ただ、この公衆PHSサービスとは別の話でも…

法人向けの構内PHSでは、古い機種に注意!?

会社内で使用している構内PHS、これに関しても今お使いの機種があと数年で使えなくなる可能性があることをご存知でしたか?
実は、現在お使いの構内PHSや基地局などの無線機器で使用されている「スプリアス規定」という規定が、「旧規定」である製品の場合は、あと数年で使用できなくなるかもしれないのです。
では、スプリアスとはいったいなんでしょうか?次の項目で確認してみます。

スプリアスって?

そもそもスプリアスとは、無線設備から発射される電波のうち、本来必要とされる所定の周波数を外れた不必要な電波のことを指しており、電波法によりその強度が規程されています。
それが今回総務省より提示されている、「無線設備のスプリアス発射の強度の許容値」という制度です。

無線設備のスプリアス発射の強度の許容値とは?

以下、総務省より引用です。

不必要な電波(不要電波)をできる限り低減させることによって、電波利用環境の維持、向上及び電波利用の推進を図るため、WRC(世界無線通信会議)において、無線設備のスプリアス発射の強度の許容値に関する無線通信規則(RR)の改正が行われました。
国内においては、無線通信規則(RR)の改正を踏まえ、情報通信審議会における技術的条件の審議及び電波監理審議会における関係省令の改正案の審議を経て、無線設備のスプリアス発射の強度の許容値に係る技術基準等の関係省令及び関係告示が改正され、平成17年12月1日から新たな許容値が適用されています。(経過措置として、平成34年11月30日まで旧許容値の適用が可能となっています。)
これらの背景により、旧スプリアス規格(不明なものも含みます。以下同じ。)の無線設備については、その使用期限が平成34年11月30日までとなっています。

つまりこのスプリアス規格が古い機器を使用している場合は、法律的に今後そのまま使用できなくなるということです。

製品としては、平成17年(2005)12月1日以前のスプリアス規格で、平成19年(2007)11月30日以前に製造された無線機器は注意が必要とのこと。
とは言え、今使っている機種がいつから使っているかなど、実際わからない場合もあります。
では、今お使いのPHSや無線機器が新スプリアスに対応しているかどうかは、どのように確認すればいいのでしょうか?
また、旧スプリアスだった場合はどうしたらいいのでしょうか?

旧スプリアスかどうか、確認の仕方は?

まず、自社で使用している構内PHS、及びアンテナなど関連する無線機を調べることから始まります。
調べ方について詳しくは、下記URLで紹介されていますのでご参照ください。

▼【総務省:技術基準適合証明等を受けた機器の検索】
http://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=js01


上記総務省のサイトの手順で、弊社使用のPHSを確認してみました。

弊社が使用しているのはこちら。岩通さんのmujoPHSを愛用しています。上記サイトでの確認に必要な情報は、PHS用のアンテナに記載されていました。

岩通mujoでスプリアス対応のチェック1

1.この英数字をサイトに入力するべく、控えておきます。

岩通mujoでスプリアス対応のチェック2

2.どきどきしながらサイトを開きます。サイトが開いたら上記箇所に情報を入力します。

岩通mujoでスプリアス対応のチェック3

3.送信ボタンを押すと、結果が表示されます。…新規定!OKです!


弊社で使用しているPHS(アンテナ)は、新スプリアス基準に対応していました。一安心です。
このように皆さんも、自社で使用しているPHSや無線機器を確認してみてください。

まとめ

お使いの構内PHSやビジネスホンが古いなと感じたら

今回の確認で、自社で使用しているPHSが旧スプリアス製品だった場合は、お使いのメーカーによりますが、買い替えがスタンダードな対応になると思います。
また、古い機器だが規定には引っかからなかった…という場合でも、いつから使用しているかわからないようなケースの場合は、設備の見直しを一度検討してみてもいいかもしれません。あまりに古い機種では、動作に支障が出たり使い勝手が悪くなることもあるでしょうし、部品が製造終了していたりすることもあるのでいざという時に困りますので。
弊社では、構内PHSの買い替えや設備の見直しにも対応が可能です。まずはお気軽にご相談ください。



自社施工による素早い対応を実現!

豊富な商材を扱った経験から故障の原因を追求
平和テクノシステム強み
  • 静岡県で30年以上、経験を活かした対応を

    平和テクノシステムは創立からビジネスホンやネットワークなど企業の通信関連を手がけてきて30年以上が経過しました。その豊富な経験を活かし、お客様の悩みやトラブルを解決するため日々対応の改善をおこなっています。
  • パソコンだけじゃない通信機器全般の対応

    パソコンに関する知識だけではなくサーバーや複合機、ビジネスホンまで様々な通信に関わる機器のチェックを行なうことができます。複数の観点から見れるからこそトラブルの追求には自信を持って対応します。トラブル以外にもLAN配線の引き込みや機器の追加など何でもお申し付けください。

▼ 下記のような件でお困りの方もお気軽にご連絡ください。

トラブル サポート

トラブル サポート

トラブル サポート


地域密着による愛知(名古屋)、静岡へのスピード対応

愛知へは名古屋と浜松から静岡へは沼津、静岡、浜松からそれぞれ地域をカバーし素早い対応を心がけます。 対応地域(愛知・静岡) 対応可能地域
  • ☑ 愛知県
    尾張地方(名古屋):名古屋市
    尾張地方(尾張):一宮市・瀬戸市・春日井市・犬山市・江南市・小牧市・稲沢市・尾張旭市・岩倉市・豊明市・日進市・清須市・北名古屋市・長久手市・東郷町・豊山町・大口町・扶桑町
    尾張地方(海部):津島市・愛西市・弥富市・あま市・大治町・蟹江町・飛島村
    尾張地方(知多):半田市・常滑市・東海市・大府市・知多市・阿久比町・東浦町・南知多町・美浜町・武豊町
    三河地方(西三河):岡崎市・碧南市・刈谷市・豊田市・安城市・西尾市・知立市・高浜市・みよし市・幸田町
    三河地方(東三河):豊橋市・豊川市・蒲郡市・新城市・田原市・設楽町・東栄町・豊根村
  • ☑ 静岡県
    西部地域:浜松市・磐田市・掛川市・袋井市・湖西市・御前崎市・菊川市・森町
    中部地域:静岡市・島田市・焼津市・藤枝市・牧之原市・吉田町・川根本町
    東部地域:沼津市・熱海市・三島市・富士宮市・伊東市・富士市・御殿場市・裾野市・伊豆市・伊豆の国市・函南町・清水町・長泉町・小山町
    賀茂地域:下田市・東伊豆町・河津町・南伊豆町・松崎町・西伊豆町
お問合せ

 

  • ビジネスホン
  • 電話・ネットワーク工事
  • ネットワーク機器・サービス
  • 防犯・監視カメラ
  • 静岡限定:電話、ネットの設置・修理対応【地域特価】
☑ 取扱機器・サービス一覧
  • ビジネスホン
  • 複合機・コピー機
  • NAS(共有データーバックアップ)
  • 放送設備
  • テレビ会議
  • タイムレコーダー
  • UPS(無停電電源装置)
  • 携帯電話
  • 法人モデルパソコン
  • 防犯カメラ(ネットワークカメラ、アナログカメラ)
  • UTM(統合脅威管理)
  • セキュリティソフト
  • 無線LAN構築(Wi-Fi)
  • シュレッダー
  • サーバー
  • インカムシステム
  • CTIシステム
  • オフィス机等、什器販売
  • 緊急地震速報連動システム
  • 各種ソフトウェア
  • VOD(ビデオ・オン・デマンド)
  • Yuiコール(ナースコールシステム)
  • セキュリティセンサーシステム(監視カメラ・非常通報システム)
  • 看板工事
  • 電気工事
  • 内装・OAフロア工事
  • 保守サポート
  • 各種LANネットワーク工事(VLANシステム、VPNシステム、光ファイバー工事)

PAGE TOP